フレッツ光を利用するデメリット

フレッツ光など光ファイバーを利用した通信環境が普及してきています。

通信が高速で安定している、多数の利用で料金が安くなる、ひかり電話などオプションが豊富、
などなど、メリットばかりを目にする事が多いですが、光回線を利用することによるデメリットも当然あります。

まず、メリットのひとつに良く挙げられるのが、集合住宅で申し込み数が
多くなればなるほど利用料金が安くなるという点についてです。
確かに利用料金は安くなるのですが、1本の光ファイバーの線をシェアするという形になるので、
使う人が多くなればなるほど通信速度が低下してしまいます。

そもそも、インターネットの閲覧程度の利用であれば、
光ファイバーの通信速度は明らかにオーバースペックですので問題はないのでしょうが・・・
それではフレッツ光などに申し込んだ意味がなくなってしまいます。

まだ、従来のADSL回線などに比べると必要な機器が多くなってしまうこと、
万が一光ファイバーが損傷してしまった場合、特殊な機器や技術が必要になるため、
私たちが自分で修理することが不可能であることなどが挙げられます。
必然的に業者に依頼する事になるので、復旧までに時間がかかってしまいますね。

フレッツ光などインターネット回線の申し込みをする場合は、これらのことも考慮しておかなくてはいけません。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 意外と知らないフレッツ光の事 All Rights Reserved.