フレッツ光とADSLの違い

従来のADSLとフレッツ光などの光回線。
比較されることも多い二つのサービスですが、いったいどのような違いがあるのでしょうか?
申し込みのときに迷ってしまうことも多いので、二つの違いを検証してみましょう。

まずADSLの場合ですが、通信に従来の電話回線を使用するため特別な工事が必要ありません。
申し込みから1週間程度で回線の開通が可能というメリットがあります。

ただ、ADSLの場合は構造上、伝送損失というのが発生してしまい、
中継の基地局から離れれば離れるほど通信速度が遅くなってしまうというデメリットがあります。

また、通話や他の家電製品のノイズの影響を受けやすく
時間帯によっては通信が安定しないことも多いようですね。

対してフレッツ光などの光回線の場合ですが、光ファイバー専用回線を使用するため、
上記のような通信の際の問題は殆どなく安定したスピードでインターネットを利用することができます。

デメリットとしては専用回線を使用するため、申し込みから回線の開通まで時間がかかってしまうこと。
あらかじめ工事済みのマンションやアパートならその点は心配ありません。

料金面で考えるとADSLのようが安くなる場合が多いですので、
中継基地からの距離と、ご自身の使用環境を考慮して最終的に判断されると良いと思います。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 意外と知らないフレッツ光の事 All Rights Reserved.