フレッツ光に必要な工事

フレッツ光を代表とする光ファイバーを利用した通信回線。
ガラスやプラスチックを主とした細いケーブルを厳重にカバーしたケーブルが特徴的で、
電気ではなく光を通して情報を伝達する技術です。

これまで主流だったADSLよりも中継局からの距離に速度が左右されにくく、
ノイズの干渉にも非常に強いという特徴があります。

しかし、光回線を使用する場合、電柱や道路などから回線を引き込む工事が必要になり、
サービスがスタートした当初は3ヶ月以上もかかることがありました。
非常に便利なサービスでは合ったのですが、初期工事が面倒なので、なかなかなじみは薄かった印象があります。

最近では技術も進み、普及も進んでいるので1~2週間程度で工事が完了することが多いです。

マンションやアパートなども、あらかじめフレッツ光などの光回線の工事が終了している
建物が多くなってきているので、多くの場合申し込み後1週間程度で開通する事ができるようになってきています。

申し込みが集中している時期は、順番待ちになったりするので
開通工事までに少々期間がかかるようですが、回線の工事自体は非常に簡単になってますね。

私が申し込んだときも工事開始から1時間かからなかったと記憶しています。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 意外と知らないフレッツ光の事 All Rights Reserved.